南畑城
 
 
復元された土塁と水堀
所在地 埼玉県富士見市下南畑
遺構 郭・土塁・水堀
現状 難波田城公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
鎌倉時代 難波田高範が築く
正平6年/観応2年(1351) 羽根倉合戦で難波田九郎三郎が高麗経澄に討たれる
天文14年(1545) 河越城の戦いで難波田憲重が討死する
天正18年(1590) 難波田憲次、前田利家に降伏し難波田城も廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・難波田城資料館パンフレット
 
 
難波田城公園として整備されている
公園として整備されているため城跡としては物足りない
入場無料で駐車場もあるが開園時間と休園日に注意
古民家ゾーンが併設されており散策するにはいい
 
難波田城跡遠景 石碑 大手虎口
三の郭跡 二の郭跡 主郭跡の土塁
 
 難波田城はやや不便な場所にあるために三度しか訪れていません。二度目は夕方ですでに城跡公園は閉園していました。残念ですが日を改めて出直して遺構の写真を撮影した経験があります。
 低湿地にある城のために堀は埋められ土塁は崩されてあまり原型を留めていませんし、公園化によってさらに遺構の判別が難しくなっています。半面では綺麗に整備されて季節を問わず訪れることが可能となってはいます。復元図のとおりで城跡公園として残るのは全体から見ても半分ぐらいの規模となります。よく見ると水田から嵩上げされた地形を随所に見ることができますし、明らかに郭の名残を残す場所もありました。公園の外に点在する遺構を探すのがなかなか楽しい作業となりました。
2002/03/17・2012/11/09
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「志木」下車
東武バス「富士見高校」行きで「興禅寺入口」下車
城跡までは徒歩10分程度