復元された土塁と水堀
別 称 南畑城
所在地 埼玉県富士見市下南畑
遺 構 郭・土塁・水堀
現 状 難波田城公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
訪問日 2002/03/17
2012/11/09
 
鎌倉時代 難波田高範が築く
正平6年/観応2年(1351) 羽根倉合戦で難波田九郎三郎が高麗経澄に討たれる
天文14年(1545) 河越城の戦いで難波田憲重が討死する
天正18年(1590) 北条氏に仕えた難波田憲次が前田利家に降伏し難波田城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
難波田城資料館パンフレット
 
 
東武東上線「志木」下車
東武バス「富士見高校」行きで「興禅寺入口」下車
徒歩10分
 
 
難波田城跡遠景 石碑 大手虎口
三の郭跡 二の郭跡 主郭跡の土塁
 
 難波田城はやや不便な場所にあるために三度しか訪れていない。一度目はいつのことだったか忘れてしまった。二度目は着いたのが夕方で城跡公園は閉園されていたので、遠巻きに復元された土塁と水堀を眺めるだけだった。日を改めて出直して公園内を散策したり難波田城資料館の展示を見学したりして時間を過ごした。
 低湿地にあるために早くから堀は埋められ土塁も崩されたようで、明治時代の迅速測図でも城のかたちは残っていない。城跡公園として整備されているのは難波田城の3分の1程度だが、箱庭のように美しく整備されている反面で城跡らしさは失われている。季節を問わず楽しめるし、歩きやすいのはありがたいが、もう少し中世城郭らしさはないかと周辺を歩いてみた。よく見ると水田から嵩上げされた地形を随所に見ることができる。これらは後世の水害対策の産物だろうが、明らかに郭の名残を残す場所もあった。主郭跡に建つ民家に巨大な土塁が残っていたし、二の郭跡の社がある場所も城跡の名残りを残している。点在する遺構を繋ぎ合わせてゆく作業も城跡廻りの楽しさのひとつだと思う。