鶴馬館
 
 
土塁と空堀
所在地 埼玉県富士見市諏訪
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 松山衆上田左近が居館を構える
天正18年(1590) 北条氏滅亡後、徳川氏の旗本多門平次郎が陣屋を構える
 
参考 Webサイト/富士見市ホームページ
 
 
多門館跡 空堀 土塁
 
 このテキストデータを打ち込んでいるのは2017年3月です。僕がここを訪ねたのは2002年3月ですから15年前になります。そのときは鶴瀬駅前の観光案内板にも多門氏館跡としてイラストが描かれていました。訪れてみると疎林となった館跡には土塁と空堀が綺麗に残っていました。それから15年、今は何も残っていません。宅地開発によって永遠に見ることはできなくなってしまいました。
 地元でも史跡として認知されていたわけですから、何か保存の手を講じることはできなかったのでしょうか。新興住宅地に居住する人たちにとっては縁もゆかりもない館跡だから保存運動も起きなかったのでしょう。これから少子高齢化を進めば人口は減っていくわけです。駅からもそれほど近くはない土地を開発する理由が自分には理解できません。わずかに残されていた堀の一部も最近になって破壊されたそうです。完全消滅する前の勇姿を記録することができて良かったとは思いますが、残念な気持ちしか残っていません。
2002/03/17
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「鶴瀬」下車
館跡までは徒歩30分程度