堀切と土橋
所在地 埼玉県飯能市吾野
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 Webサイト/城逢人
 
 
吾野駅から国道299号線を秩父方面へ歩く
秩父御嶽神社の奥ノ院までの道程も長かったが
そこから吉田山までの道程も長く険しい
道は明瞭だが城跡への道標はないので注意
吉田山から北へ派生する尾根上に遺構がある
第一堀切に架かる土橋を渡ると主郭へ着く
主郭の奥にももうひとつ堀切がある
その先は細長い自然地形から岩場へと続くが
自分はここを二郭としました
 
吉田山城跡 秩父御嶽神社参道 堀切と土橋
主郭跡 堀切 戦艦三笠の甲板
 
 戦友のホームページを見ると見事な堀切と土橋が残る山城が紹介されていました。飯能市内にこんな城跡があったことを知りませんでした。とにかく一度この目で確かめてみようと出かけてみました。平成26年ですから関東地方が豪雪に見舞われたときですね。さすがにこの時は雪もほとんどありませんでした。
 秩父御嶽神社から奥ノ院までの長い登りでかなり体力を消耗しました。奥ノ院から尾根伝いに続くハイキングコースを行くことになるのですが、この道もかなり険しく遠い道でした。地図と地形図は持参していましたが、道標などはなかったのでほとんど勘を頼りに進んだような気がします。吉田山にたどり着けば城跡まではすぐです。尾根を歩くと見事な土橋と堀切がありました。これを見たとたんに疲れも吹き飛びましたね。やっぱり山城探訪の醍醐味は堀切だと思います。
 歴史はまったく伝わっていない山城ですが、秩父方面からの狼煙を伝える砦だったのではないかと思います。秩父から飯能にかけての北条氏の治世はおそらく20年余りでしょうからそれほど伝承が残らないのは自然の成り行きだと思います。それに地域支配の拠点として権威を見せつける城であればともかく、狼煙台や街道監視の砦などは軍事機密だったでしょうから、記録に残りづらい側面もあったのでしょう。飯能市内にはまだまだこうした砦が多く埋もれていると思います。
2014/03/15
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「吾野」下車
登山道入口の秩父御嶽神社までは徒歩20分
城跡までは徒歩40分程度
特記事項