二の郭跡南の堀切と土橋
所在地 埼玉県飯能市南川
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 Webサイト/城逢人
 
 
国道299号線から南川集落へ入る
高麗川の支流に架かる橋を渡り高齢者施設背後の尾根に登る
橋を渡り右へ進むと墓地への入口があるので
そこから西側の支尾根を直登して東の支尾根へ回り込む
東西の尾根が分岐するあたりに堀切がある
東の支尾根を進むと城跡へ着く
堀切に架かる土橋を渡ると二郭と主郭へ至る
その先に堀切があるというが不明瞭だった
三郭の先は岩場となり高麗川へ落ち込む地形となる
 
本陣山城跡遠景 南端の堀切 尾根上の平坦地
二の郭跡 主郭跡の土塁 三の郭跡
 
 飯能市内には伝承が残らない歴史不詳の山城が数多くあります。小規模な山城ばかりですが遺構がよく残る城跡ばかりで面白いですね。秩父と違い飯能は拓けた土地がほとんどないので自然と山城が多くなります。この本陣山城もそのひとつで、正確に言えば本陣山から派生する尾根先端を利用して築かれている山城です。幻の城郭とされる吾那蜆城ではないかとする人もいるようですが、地名的な要素はクリアしています。ただ、遠山氏の根拠地である都幾川とはかなりの隔たりを感じるのでちょっと無理があるかなと個人的には思います。
 明確な道はありませんが、それほど比高差のある山ではないので西側から尾根へ取りつくのは容易でした。ただ、熊の出没にはくれぐれも注意をしてほしい山です。間違いなく彼らが棲息している痕跡がありました。遺構はとても良い状態で残っていました。飯能市内でも五本の指に入ると言って差し支えないと思います。登りは比較的容易と書きましたが、川の侵食を受けている山なので真っ直ぐに切り立った崖や岩が転がっている場所もあるので注意をして登ってください。
2016/01/07
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西吾野」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項