西端の堀切と土橋
所在地 埼玉県飯能市坂石町分
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 Webサイト/城跡ほっつき歩き
 
 
吾野駅から東へ歩き白髭神社への参道を登る
西武線の高架をくぐり畑を横切り山道を登ると岡部屋敷へ
岡部屋敷から龍崖山城まではうっすらと踏み跡があるが
山頂付近になると道はわからなくなるので
下山時に迷わないように目印などを置いておくと良い
遺構はそこそこ明瞭に残っている
特に西端の堀切と土橋が最大の見どころと言える
そこから続くハイキングコース沿いにも遺構があるらしいが
それらについてはまだ未確認
 
龍崖山城跡 二の郭跡の堀切 二の郭跡
二の郭跡の虎口 主郭跡 吾野宿の街並み
 
 西武秩父線の吾野駅から南を見ると大入道か海坊主のような山容の山が見えます。標高356mの山頂に築かれたなかなか手強い山城です。はっきりとした歴史は不明ですが、中腹にある平場を岡部屋敷と称することから中世に飯能を支配していた岡部氏の詰め城と思われます。りゅうがい山と書かれるようですが、吾野宿の商家に貼られていたお手製の観光地図には龍崖山の字が当てられていたので自分もそれに倣いました。
 はじめて訪れたときには岡部屋敷まで登ったところで小雨模様となり龍崖山城へ登ることは諦めました。それから3年ほど過ぎた5月中旬に登ってみたのですが、尾根歩きをしているときに谷筋に二頭のシカがいるのに気づきました。このときになんとなく嫌な予感はしていたのですが、とりあえず山頂を目指して登りました。山頂近くの腰郭を見ているときに物凄い獣臭がしたのでさらに嫌な予感は増したわけですが、せっかく上まで来たのだからと主郭を見て二の郭へ下りたときに熊と出くわしたのです。本当に鉢合わせで危険な状況でした。
 突然の出来事で自分も大声をあげてしまったのですが、熊も相当に驚いたようでお互い逆方向へ駆け下りました。熊は僕が登ってきた山道へ、僕は熊がやってきたであろう獣道へと。だから復路は大変な思いをしましたね。道がない斜面をビクビクしながら下りました。やっとの思いで麓までたどり着いたと思えば西武線の線路際です。これはまずいと再び山に戻り尾根を登っては下り、採石工場のど真ん中へ出ました。工場で働く人たちは呆気に取られた感じで僕を見ていたのを覚えています。そこから道へ出て少し歩くと吾野の清水が湧き出ています。コップまで置いてあったので貪るように飲みまくり頭からも水を被りました。足はまだ震えていたし靴底には太い枝が刺さっていましたが無我夢中で気づきませんでした。しばらく道路に大の字になり寝てしまいましたね。あれからしばらく山城へ行くのが怖くなりスランプに陥りました。
 性懲りもなく3年後に再びここへ登ったのです。とっくにスランプは脱出していましたが、行動療法とでも言うのでしょうか、もう一度ここを訪れて恐怖を払拭したい気持ちがありました。道中はやはりあの日のことを思い出しましたが、それでも落ち着いて登れたかな。前回は見ることができないままになっていた西端の堀切もしっかり見て意気揚々と下山しました。なんとかリベンジを果たすことができたという心境です。
2014/05/20・2017/03/22
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「吾野」下車
登山道入口までは徒歩15分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項