屋敷跡に残る祠
所在地 埼玉県飯能市坂石町分
遺構
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
年代不詳 岡部氏が居館を構える
 
参考 武蔵武士/まつやま書房
 
 
腰郭 切岸 龍崖山城と岡部屋敷
 
 源平争乱の時代に活躍した猪俣党岡部氏の末裔は現在の飯能市を領有していました。今も市内には岡部氏の城館跡とされる場所がいくつかあり、ここもそのひとつというわけです。いつ頃に岡部氏が飯能へ移り住んだのかはわかりませんが、南北朝時代には移住していたようです。
 吾野駅から東へ歩くと白髭神社への参道があります。坂道を登ると中腹に中屋敷と呼ばれる場所があります。現状は畑になっていますが、ここも岡部氏の屋敷があったとされる場所です。畑を横切り九十九折れの山道を10分ほど登ると岡部屋敷跡へ着きます。以前よりも道が荒れてわかりづらくなっていましたが、どこから直登しても問題ありません。土塁や堀は見られませんが広大で綺麗に削平された平場が残り、真ん中に巨岩と小さな祠が祀られています。
 中屋敷で農作業中の方に登り口を尋ねたらすぐに教えてくれました。岡部屋敷について尋ねると「誰かはわからないけど昔の殿様の屋敷があったと聞いている」と答えてくれました。吾野宿の商家にお手製の観光地図があり、そこには城跡山として描かれていたので地元でも城館跡として普通に認識されているようです。斜面を削り落とした切岸がとても美しい屋敷跡でした。
2011/01/24・2014/05/20・2017/03/22
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「吾野」下車
屋敷跡までは徒歩25分程度
特記事項