堀切
所在地 埼玉県飯能市小瀬戸
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 岡部小右衛門忠正が居城する
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館・武蔵武士/まつやま書房
 
 
飯能第二小学校の裏山が城跡
消防団倉庫脇の小道を進むと山道がある
小学校から丸見えなので少し気が引けます
高さはほとんどないのでどこから登っても5分ぐらい
巨大な堀切が見どころで主郭にはうっすらと土塁がある
10分もあれば全貌が把握できるぐらいの広さ
 
小瀬戸城跡 堀切と土橋 主郭跡
 
 飯能第二小学校が岡部小右衛門忠正の屋敷跡と伝わり、背後の殿山が詰め城と考えられています。岡部忠正は戦国時代の人物で猪俣党岡部氏の末裔とされています。北条氏の重臣松田康秀に仕えていましたが北条氏の滅亡後は徳川家康に仕え武蔵国都築郡で二百石を与えられました。関ヶ原の戦いや大坂の陣にも従軍して最後は千五百石の幕臣となっているので、立派にその血脈を伝えたと言えるでしょう。
 小学校の裏山なのでちょっと気をつかいますが山道を5分も登れば巨大な堀切に出会えます。この堀切だけ見たらどれだけ立派な城なんだろうと思いますが、正直言って見どころはここだけです。土橋つきの立派な堀切ですが、ここだけ造って力尽きたのでしょうかね。とにかくこの小さな城には分不相応の遺構です。問題ないとは思いますが随分前にここでも熊の目撃がありました。鈴ぐらいは装備したほうがいいかもしれません。
2008/02/19・2014/12/26
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
国際興業バス「名郷」行きで「飯能第二小学校」下車
城跡までは徒歩10分程度
特記事項