出世稲荷神社
所在地 埼玉県飯能市山手町
遺構 消滅
現状 出世稲荷神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 判乃基兼が居館を構える
正治元年(1199) 源頼家と安達景盛の政争に巻き込まれ判乃氏は没落する
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 飯能市の礎を築いた判乃氏の居館跡です。戦前までは土塁や堀が残っていたと言いますが今は何もありません。飯能市山手町に所在する大泉寺が館跡ということですが、大泉寺はとっくに廃寺となっていました。山手町の街角に小さな墓地があった記憶があります。廃寺となっても墓地は残ることが多いので、おそらくこのあたりではないかと歩いていると出世稲荷神社がありました。とりあえず訪れた記念にと神社の写真を撮影しておいたのですが、これが奏功したというか、館跡もこのあたりにあったようです。飯能市の起源とも言うべき場所ですから案内板のひとつぐらいは欲しいですね。
2001/09/23
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
館跡までは徒歩20分程度