大河原館
 
 
館跡の現況
所在地 埼玉県飯能市大河原
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 大河原氏が居館を構える
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 丹党大河原氏の居館と推定される館跡で平安時代の遺跡とされています。大河原地区には軍太利神社や八耳堂といった大河原氏所縁の寺社や詰め城と考えられる大河原城があり、今も大河原氏の面影が色濃く残っています。
 飯能駅から入間川に架かる割岩橋は市街地から少しだけ離れた場所とは思えない秘境のような風景でした。橋を渡ると大河原集落が広がります。地元の人にしてみれば飯能駅へと向かう道にしか過ぎないようで、学生や買い物へ向かう主婦、スーツ姿の会社員らが普通に往来していました。来訪者の僕にとってはその光景がとても面白く思えました。駅から10分少々歩いて割岩橋を渡った入間川の西岸が堂平館跡ですが、一帯は民家や畑となり遺構らしいものは何もありません。近くに建つ集合住宅に堂平の名前が残っていたぐらいです。
2010/10/25
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
館跡までは徒歩15分程度