龍崖山城
 
 
南側の堀切
所在地 埼玉県飯能市大河原
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 大河原氏が築く
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
 
 
岩根橋のバス停から歩くのがバスの本数も多く便利
八耳堂と軍太利神社の奥に登山道入口がある
寺社の案内板にもさらりと大河原城についての紹介がある
少し登るとやや広い平場がある
そこから少し急傾斜を登ると山頂へと着く
高い山ではないが眺望はとても見事だ
北側の堀切は伐採された樹木が投げ込まれていたが
見学可能な南側の堀切は規模も大きくて立派だった
西尾根にも堀切があるがこちらは痕跡程度
竪堀と思いたい地形がいくつかあるが
鉱石採掘による人工地形があるので判別に迷う
 
大河原城跡 中腹の平場と土塁 竪堀
北側の堀切 主郭跡 大河原城からの眺望
 
 丹党大河原氏が築いた山城と伝わりますが、大河原氏との関係を示すような史料等はありません。ただ、地名や周辺に残る寺社の由緒からしても大河原氏の詰め城であったことは間違いないと思います。
 はじめて大河原城に訪れたのは20代の半ば頃で季節は夏でした。とんでもない藪山で蜘蛛の巣に阻まれて諦めました。途中までは登ったけれども傾斜も急ですし滑りやすいしで無理だと思いました。その後は真冬に何度か登っていますが、最近になって里山として整備されて訪れやすくなりました。勾配がきついところにはロープが張られたり、山頂の木々も伐採されて訪れる人も増えたようです。こういった配慮はとてもありがたいですが、伐採された木が北側の堀切に捨てられているために見どころがひとつ減ってしまいました。城跡としての認知度はまだまだなのでしょう。それと周辺もとうとう開発の手が伸びており、城跡の南側は住宅地の建設が始まろうとしています。秘境みたいで好きな城跡でしたが、少し醍醐味が失せました。飯能は家からも近くて冒険心を満たしてくれる場所なので、これ以上の開発はしてほしくないというのが個人的な感想です。
2008/02/19・2015/02/19
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
西武バス「西武飯能日高」行きで「岩根橋」下車
登山道入口までは徒歩15分
城跡までは徒歩20分程度