殿屋敷跡
所在地 埼玉県飯能市大河原
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 大河原氏が居館を構える
 
参考 埼玉ふるさと散歩・飯能市編/さきたま出版会・埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 丹党大河原氏の居館跡です。室町時代の館跡とされていますが遺構はありません。殿屋敷から歩いて5分ぐらいの場所に八耳堂があり、さらに奥には軍茶利神社があります。どちらも平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての創建で、軍茶利神社は大河原四郎によって創建されたと伝わります。
 付近は吾妻峡に面した風光明媚な土地で、入間川に架かる橋から見る吾妻峡はとても美しいです。都市圏のベッドタウンとして開発されつつある飯能市ですが、このあたりまではあまり開発の手も伸びていません。ただ、大河原城の山裾あたりは宅地開発がされており、素朴な山村の風景を残していた飯能の自然も失われつつあるのが残念です。
2008/02/19
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
国際興業バス「間野黒指」行きで「大河原」下車
館跡までは徒歩20分程度