青木城
 
 
水堀
所在地 埼玉県飯能市青木
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 青木式部大輔実近が築く
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
泉ヶ城跡 水堀 土塁
 
 飯能市街地北方にある青木の集落に泉ヶ城は今も残っていました。城主の青木氏は丹党出身と思われます。将軍源頼家と安達景盛の政争に巻き込まれた青木氏は同族の判乃氏らとともに衰退してしまいますが、その末裔は新田義貞に従い南北朝の争乱に参戦しています。
 泉ヶ城は宅地となっており内部の見学はできませんが、近世城郭の大手門を思わせるような門がありました。ここが城跡であることを意識して建てられたのかもしれません。遺構はほとんど消失しかかっています。土塁はほとんど削られて痕跡のみとなっていました。北側を流れる堀跡の小川が昔日を物語るように流れていました。
2008/09/10
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
西武バス「狭山市西口」行きで「青木」下車
城跡までは徒歩5分程度