空堀
所在地 埼玉県飯能市中山
遺構 空堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
鎌倉時代 中山助季が居館を構える
天正18年(1590) 北条氏照の重臣中山家範、八王子城で討死する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
ほとんど住宅地に埋もれてしまい見つけづらいが
智観寺を目標として探すとわかりやすい
ほんのわずかな空堀しか残らないが石碑などがある
智観寺には中山氏の墓所があるので立ち寄っておきたい
 
館跡の石碑 智観寺 中山氏墓所
 
 八王子城の籠城戦で壮絶な討死を遂げた中山家範の居館跡です。中山氏は丹党の出身であり平安時代末期か鎌倉時代にはこの地に居館を構えていますから、4百年の歴史をこの館で紡いだこととなります。家範の見事な最期は敵味方にも相当な感動を与えたようで、徳川家康はその遺児を召し抱え、子孫は水戸藩の家老となり常陸松岡城主にまで登り詰めています。
 館跡としてはわずかな堀跡が残る程度であまり見どころはありませんが、智観寺に立ち寄り中山氏の墓所を見学しました。幕臣となった後も中山氏は先祖が守った土地を墓所としています。今もこうして中山氏の遺風が慕われていることには感動すら覚えます。
2008/09/10
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「飯能」下車
西武バス「宮沢湖」行きで「中山」下車
館跡までは徒歩5分程度