高正寺の板碑
所在地 埼玉県入間市仏子
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 金子親範が居館を構える
 
参考 武蔵武士/まつやま書房社
 
 村山党金子氏の居館跡で、金子十郎家忠の兄親範が館を構えた場所と伝わります。金子氏は源氏の家人でしたが、源頼朝が挙兵した当初は平氏に味方をして衣笠城の三浦氏を攻めています。その後すぐに頼朝の味方となり、親範は源義経に従い西国を転戦し、屋島の戦いでも武勲を挙げています。
 その館跡は西武池袋線の仏子駅南側の高台にありましたが、駅に近い高台ですから今は住宅地となっています。昔も今も人が暮らすための理想的な場所は変わりないようです。何も遺構はありませんし案内板なども設置されていません。近くにある高正寺で金子氏ゆかりの板碑を見ただけで、夏の暑い一日は徒労感だけが残りました。
2008/08/22
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「仏子」下車
館跡までは徒歩5分程度