金子一族の墓所
所在地 埼玉県入間市木蓮寺
遺構 土塁
現状 瑞泉院
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 金子十郎家忠
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
瑞泉院 墓所のある高台 土塁
 
 源平争乱の時代に活躍した源氏の家人金子十郎家忠の館跡と伝わる場所です。地名からしても間違いないでしょう。瑞泉院が居館が置かれた場所とされており、家忠はじめ金子一族の墓所があります。谷戸を利用した地形ということですが、大規模な墓地の造成で地形も失われています。土塁が残るということですが、金子氏墓所の近くにそれらしい土の盛り上がりがありました。
 治承4年(1180)に源頼朝が挙兵すると、家忠は平氏に味方して三浦義明の籠もる衣笠城を攻めましたが、すぐに頼朝陣営へ馳せ参じ、壇ノ浦の戦いなどで活躍しています。その軍功により金子一族は四国をはじめとして各地で繁栄しています。
2007/01/25
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「金子」下車
館跡までは徒歩15分程度