加納下野守城
 
 
土塁
所在地 埼玉県入間市宮寺
遺構 土塁・水堀
現状 西勝院
目標物 標柱・案内板
史跡指定 入間市指定史跡
 
平安時代末期 宮寺五郎家平が居館を構える
鎌倉時代末期 新田義貞の家臣加納下野守が居城とする
 
参考 宮寺氏館跡案内板
 
 
西勝院 標柱 土塁
土塁 水堀  
 
 村山党宮寺氏の居館で平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて構築されたと思われます。西勝院が館跡の中心であり、土塁と水堀が今も残り案内板や標柱も設置されているので見どころは十分でした。入間市は西武線があるので便利かと思いがちですが、ここは駅からだと相当に距離があります。幸いなことにバス便がそこそこあるので利用しました。少し歩けば狭山湖に出られますし、さいたま緑の森博物館も近いですね。広大な丘陵と森林がそのまま保存されており、夏になればオオムラサキやカブトムシを見ることができる自然公園です。
2002/04/27・2011/05/04
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「小手指」下車
西武バス「金子駅入口」行きで「宮寺」下車
館跡までは徒歩10分程度