宮寺陣屋
 
 
土塁
所在地 埼玉県入間市宮寺
遺構 土塁
現状 大森会館
目標物 案内板
史跡指定  
 
江戸時代初期 大森錦治郎好長が館を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 案内板 大森氏墓所
 
 徳川家譜代の旗本大森氏の陣屋跡です。松平清康と広忠に仕えた大森親好の孫大森錦治郎好長は家康に仕え、大坂の陣で戦功を挙げ武蔵宮寺で2百石を知行しました。大森氏は後に加増を受け、大森時長は長崎奉行にまで抜擢されています。
 西武池袋線の入間市駅から市内循環バスを利用して大森会館で降りると、大森氏の菩提寺であった崇巖寺跡があります。雑木林の中に大森氏歴代の墓碑が建ち並ぶ様子は荘厳な風景であり入間市の史跡となっています。墓所を含む周辺一帯が館跡で今も土塁が北西に残っていました。
2002/04/27
 
公共交通機関 地図リンク
西武池袋線「入間市」下車
市内循環バスで「大森会館」下車
館跡までは徒歩3分程度