本郷城
 
 
主郭跡
所在地 埼玉県所沢市城
遺構 郭・土塁・空堀
現状 城山神社
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
室町時代 大石重定が築く
戦国時代 北条氏照の居城となる
天正18年(1590) 浅野長政の軍勢に攻められ落城
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東所沢駅から歩いても行けるがちょっと遠い
外郭はほとんど農地となり痕跡がわずかだが
中心部はとても良い状態で保存されている
北条氏の有力支城のひとつとされており
その築城様式を色濃く残す城跡のひとつだが
規模でいうとそれほど大きい城ではないように思う
最近は雑木の伐採や草刈りが行なわれており
季節を問わずに深い空堀を楽しむことができる
個人的には二の郭から三の郭にかけての空堀が好きだ
土塁はかなり低く削られているために迫力はない
 
大手の空堀 二の郭跡の空堀 二の郭跡
三の郭跡の空堀 三の郭跡 櫓台
主郭跡の空堀 主郭跡の土塁 主郭跡
 
 滝ノ城は遺構がよく残り、埼玉県内ではかなり知名度の高い城跡ですが、その歴史はあまり明確に伝えられていません。そもそも城主の大石一族の歴史があまり解明されていないことが一因だと思います。北条氏照が滝の城を重視していたことは明らかなようで、戦国時代の鋭角的な堀や横矢の多用にその築城様式を見ることができます。北条氏が使用していた当時は本郷城と呼ばれていたようですが、通称の滝ノ城として紹介します。
 自宅から近いこともあって無数に訪れている城です。昔は堀底も雑木林で下りることも躊躇するような有り様でした。夏になるとたくさんのカブトムシが採れる場所でもありました。半面、スズメバチもたくさんいましたね。崖下にマムシ注意の看板がありましたが、今もあるのかな。さすがにもうマムシは絶滅していると思います。ストレスなく廻るなら真冬をお奨めします。今は堀底も綺麗に整備されているので歩きやすくなりましたし、郭の上から見下ろすとかなり深い堀であることを実感できます。堀の幅と深さを見ても戦いの主役が鉄砲に移った時代の城ということがわかります。畑の中にも土塁や堀が残っていますが、ちょっと行きづらいかもしれません。城山神社を中心として主要部分を見学するだけでも十分満足できる城です。
2004/11/23日・2008/11/07・2009/05/18・2009/07/18・2010/01/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR武蔵野線「東所沢」下車
西武バス「志木駅南口」行きで「城」下車
城跡までは徒歩5分程度