新田義宗終焉之地の碑
別 称  
所在地 埼玉県所沢市有楽町
遺 構 消滅
現 状 薬王寺
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
訪問日 2013/01/06
 
南北朝時代 新田義宗が寓居を構えたという
 
参考 薬王寺案内板
 
 
西武新宿線・池袋線「所沢」下車 徒歩20分
 
 
 新田義貞の三男義宗は足利氏との戦いに敗れ上州沼田で討死したとされている。所沢市内の薬王寺には再起を図る義宗が北国へ落ち延びたという風説を流し、武州所沢に隠れ住み時節の到来を待ったという伝承を記した案内板がある。所澤神明社で初詣を済ませた帰り道に立ち寄った薬王寺で義宗終焉の地と刻まれた石碑を見つけ、案内板に目を通してその伝承を知った。
 おそらく義宗はここで亡くなってはいないと思うが、付近に新田氏の末裔を称する旧家があり、単なる伝承で済ませてしまうのもどうかと思う。案内板の続きによれば足利氏の勢いは日に日に強くなり、南北朝の統一により長い争乱も収束に向かったため、義宗は剃髪し一族郎党の菩提を弔いつつこの地で亡くなったと綴られてる。