土塁
別 称 児泉城
所在地 埼玉県所沢市山口
遺 構 土塁・水堀
現 状 サンキ所沢店
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
訪問日 2003/08/22
 
平安時代末期 山口小七郎家継が築く
応安元年(1368) 武州平一揆に参加した山口高清が山口城を攻め落とされる
永徳3年(1383) 南朝方として挙兵した山口高治は戦いに敗れ山口城で自刃
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
所沢市史
 
 
西武狭山線「下山口」下車 徒歩10分
 
 
土塁 南側の土塁 南側の土塁と堀跡
 
 西武ライオンズの本拠地の近くには平安時代末期から続いた村山党山口氏の居城があった。はじめて山口城跡に訪れたのは昭和の終わり頃だったが、その時ですら遺構の大半は失われていた。城跡の真ん中を道路が縦横に貫き、西武鉄道の線路が横切っているために城のかたちがほとんどわからないまま散策していたと思う。それでも当時はまだ雑木林の中に方形の土塁が残っていた。
 時代が平成へと変わると城跡は大型商業施設が建設され、その風景は一変してしまった。埼玉県指定旧跡の名が泣くといった状態だったが、文化財指定されていたおかげか、ほんの申し訳程度ながら土塁が保存されている。町の発展を考えれば鉄道と道路の敷設は仕方がないと思うが、市の発展の礎を築いた武将山口氏の拠点として史跡公園を造るという案は出なかったのかと思う。