児泉城
 
 
西側の土塁
所在地 埼玉県所沢市山口
遺構 土塁・水堀
現状 サンキ所沢店
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
平安時代末期 山口小七郎家継が築く
応安元年(1368) 山口高清、武州平一揆に参加するが敗れ山口城を攻め落とされる
永徳3年(1383) 山口高治、南朝方として挙兵するが敗れ山口城で自刃する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
西側の土塁 南側の土塁 南側の土塁と堀
 
 平安時代末期から続いた村山党山口氏の本拠地です。はじめて自分が山口城跡に訪れたのは確か昭和の終わり頃でしたが、その頃でも遺構の大半は失われていました。それでも遺構の残る部分は雑木林となって土塁が残っていたことを記憶しています。時代は平成へと移り変わり城跡には大型商業店舗が建設されてしまいました。残された土塁を保存してくれたのはせめてもの情けですが、これらを見ても所沢市の文化財行政の無関心ぶりがよくわかるかと思います。鉄道と道路の敷設は仕方ないにしても残る遺跡を公園等にして保存するという考え方はなかったものかと悔やまれます。
2003/08/22
 
公共交通機関 地図リンク
西武狭山線「下山口」下車
城跡までは徒歩15分程度