根古屋城・勝楽寺城
 
 
主郭跡の土塁
所在地 埼玉県所沢市勝楽寺
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
室町時代 山口高忠が築く
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
狭山湖に突き出した半島状の地形に築かれた城
ダム建設前は尾根先端にある山城だった
東京都の水源となっているために立入不可
 
城跡遠景 空堀 土塁
 
 平安時代から続く山口氏が戦国時代に居城とした城跡です。東京都の水源地となっているために立入りができません。そのおかげで城跡は手つかずのまま完璧に保存されています。狭山湖の北側を散歩しているときにフェンスが開いていたので見学可能なのかと思って城跡を撮影しました。おそらく水道局の職員が閉め忘れただけだと思います。10月中旬過ぎなのにご覧のとおりで空堀以外はさっぱりわかりません。
 こんな状態でも埼玉県指定史跡です。文化財なのですから誰もが見学できる権利を有しているわけです。東京都水道局と所沢市双方に問い合わせましたが、早い話がダメということでした。せめて11月の文化の日前後に草刈りをして一般公開してもらいたいものですが、文化財行政に無関心な所沢市では期待薄ですね。滝の城にしても地元保存会の方々の活動が実を結んでようやく整備が整ったぐらいです。その他の城跡は見向きもされていないのが実情です。
2005/10/23
 
公共交通機関 地図リンク
西武狭山線「西武球場前」下車
城跡までは徒歩30分程度