主郭跡の土塁
別 称 根古屋城・勝楽寺城
所在地 埼玉県所沢市勝楽寺
遺 構 郭・土塁・空堀
現 状 山林
目標物  
史跡指定 埼玉県指定史跡
訪問日 2005/10/23
 
室町時代 山口高忠が築く
天正18年(1590) 北条氏滅亡。山口氏も没落し龍谷城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
西武狭山線「西武球場前」下車 徒歩30分
 
 
龍谷城跡 二の郭跡の空堀 主郭跡の土塁
 
 西武球場駅から狭山不動尊を通り過ぎると狭山湖畔へと出る。巨大なアースダムの堤防を渡るのは気分が良い。青々として湖面に青空が写り込めば最高の風景となる。時々深い霧がかかるときがあるが、そんな日は幻想的な気持ちになれる。堤防を渡り切り狭山湖の外周を歩き続けると、いつしか道は砂利道となり、深い森に包まれる。特に目印がないので伝えようもないのだが、貯水池を囲む金網に扉があり、そこから道がついている場所が龍谷城へと続いている。
 残念なことに廃城当時の姿を今に伝えるこの城には立ち入ることができない。埼玉県指定史跡という立派な肩書を持ちながら、城跡は東京都の水源地となっている。平安時代末期から戦国時代の終焉まで続いた山口一族の居城は今も深い眠りについているという感じがした。最初の居城だった山口城が開発のために見るも無残な姿となっていることに比べれば、龍谷城はまだ救いがあるとも言える。
 晩秋の日に狭山湖の北側を歩きつつ、てさいたま緑の森博物館を目指したときのことだった。龍谷城へ続く道の扉が開いていたので、てっきり見学可能になったものと中へ立ち入った。水道局の点検でも行われていたのだろうか。もしそうであれば職員に理由を話して城跡を見せてもらおうと思い歩を進めた。結局は誰にも会うことはなかったが、幸運なことに龍谷城を間近に見ることができた。そうは言っても10月半ばでは雑木、雑草、蜘蛛の巣に阻まれて満足に見ることすらできなかった。せっかくの文化財指定も市民が見学できなければ宝の持ち腐れだと思う。以前に東京都水道局と所沢市の双方に見学の可否について問い合わせたことがあるが、どちらも前向きな回答すら得られなかった。せめて11月の文化の日だけでもいいから、一般公開をしてもらいたいものである。