野城
 
 
二重堀切
所在地 埼玉県秩父市上吉田
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏に仕えた山口下総守が女部田城を守る
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
城山の東側に切れ込む谷を沢伝いに歩く
道はうっすらとあるようなないような感じ
谷の突き当りに来たら岩場を避けて稜線を目指す
尾根へ出たら北へ向かうと5分程度で堀切へ出る
堀切は二重の備えで岩場を削っている
その向こうに小さな郭があり片堀切が入っている
岩場を登ると主郭へと出るが削平が美しい
尾根を下ると小さな祠のある二の郭へ着く
低い位置にある二の郭を主郭とする説もあるが
自分は高所の郭を主郭としています
 
東から見る女部田城跡 登山道入口 第一堀切
第二堀切 三の郭跡の片堀切 主郭跡
二の郭跡 城跡からの眺望
 
 前々から行きたかった女部田城ですが、バスの本数が少ないことから敬遠していました。往路は良いのですが復路が厄介で、西武秩父を9時に出発して城跡探訪を楽しむと次のバスが来るまで3時間近く待たねばなりません。一度下調べをしてみようと思い山の中腹まで行きましたが、鹿だとは思うのですが大型野生動物の気配を感じたので、そこで断念して山を下りました。転んでもタダでは起きないというか、女部田から小鹿野町役場までなんとか歩ける距離だということを確認しました。
 約1ヶ月後に戦友を伴い女部田城へアタックしたわけですが、事前の下調べもあり30分程度で城跡へ到達できました。二重堀切や綺麗に削平された郭跡など山城の遺構を存分に味わうことができたと思っています。
 女部田城は比較的歴史がわかっている城で、北条氏に仕えた山口氏が城番を務めていたことが記録に見えます。日尾城主諏訪部定勝の指揮下で鷹谷砦が志賀坂峠を警戒し、土坂峠は女部田城が睨みを利かせて武田氏の侵入に備えていたわけです。
 沢沿いの道はほとんど消失していて歩きづらいことこの上なく、おまけに岩盤に阻まれてしまう難所がありますが、とにかく谷沿いを突き当りまで進み樹木に捕まりながら尾根を目指せば大丈夫です。尾根まで行けば藪もなく快適でした。
2017/03/28
 
公共交通機関 地図リンク
西武秩父線「西武秩父」下車
西武バス「吉田元気村」行きで「女部田」下車
登山道入口までは徒歩5分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項