志木館・引又館
 
 
堀跡
所在地 埼玉県志木市柏町
遺構 土塁・空堀
現状 志木第三小学校
目標物 標柱・案内板
史跡指定  
 
平安時代 四面長者藤原長勝が居館を構えた伝承あり
正応2年(1289) 二階堂氏が居館を構える
大永4年(1524) 大石信吉が改修を加えて居城とする
天正18年(1590) 北条氏滅亡により廃城
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
城跡遠景 主郭跡の標柱 西郭跡
西郭跡の土塁 長勝院旗桜 城山貝塚
 
 その起源は平安時代に遡るという伝承を持つ柏市内でも古い歴史を持つ城です。城跡そのものは志木第三小学校と志木中学校の敷地となってしまい遺構はほとんど消滅してしまいましたが、志木第三小学校には標柱と案内板が設置されています。隣接する長勝院跡は西郭跡とされており、ここにも案内板が設置されていました。ここに生えているチョウショウインハタザクラは樹齢4百年以上の古木で、世界的にも珍しい種類の桜だそうです。柏ノ城の歴史を伝える生き証人というわけですね。寺院跡は農地となっておりほんのわずかですが土塁と堀跡残っています。小学校の近く建つマンションの裏には色褪せて読めなくなった大堀跡の案内板があり、道路とマンションの共用部と化した堀跡がそれらしい曲線を留めています。城跡へ訪れるときに歩いてきた柳瀬川の堤防は城跡の土塁を一部利用しているとのことです。
1997/10/10・2012/11/09
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「柳瀬川」下車
城跡までは徒歩10分程度