館跡の現況
所在地 埼玉県志木市宗岡
遺構 消滅
現状 NTTグラウンド
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 関根兵庫が居館を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 荒川河川敷にあるNTTグラウンド付近の小字を兵庫野といい、戦国時代末期に関根兵庫が居館を構えたと伝わります。関根兵庫がどんな人物なのかはわかりませんでしたが、戦国時代の宗岡は北条氏に仕えていた難波田与太郎の所領であったとされていますから、関根兵庫は北条氏滅亡後に移住してきた人物なのかもしれません。
 河川堤防のため土地は均されてしまいNTTのグランドが建設されているためにこれ以上ないぐらい平坦となっています。当然ながら遺構はもう残されていません。羽根倉橋を渡ると観応2年(1351)に高麗経澄が難波田軍を打ち破った羽根倉合戦跡の標柱があります。ここを訪れたときはまだデジタルカメラを持っていなかったのでフィルム撮影しています。古いフィルムをスキャニングしてデジタル化したのですが、ご覧のとおり画像はかなり劣化していて見苦しいのですが、グラウンドの写真を撮りに出かけようとは思わないので、これで我慢してください。
2002/03/16
 
公共交通機関 地図リンク
JR武蔵野線「西浦和」下車
館跡までは徒歩30分程度