白子小学校
所在地 埼玉県和光市白子
遺構 消滅
現状 白子小学校
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 和光市史・通史編/和光市
 
 白子小学校の建つ台地上は城山と呼ばれています。和光市史を紐解いてみると、室町時代の白子郷には児玉党の庄氏が居住していたことが明らかとされています。庄氏の居館が置かれていたかどうかは不明ですが、ひとつの手がかりにはなると思います。
 永正元年(1504)に山内上杉顕定は扇谷上杉氏の拠点である河越城を牽制すべく河越館を陣所としました。そこから仙波に陣所を移して河越城へ攻撃を仕掛けましたが、河越城の守りが思ったよりも堅いため攻撃目標を江戸城に定め、白子を新たな宿営地としています。この時に白子城山が構築された可能性が最も高いと思います。大永5年(1525)8月には扇谷上杉朝興が白子原で北条氏の軍勢を破っていますが、このときにも白子城山は利用されたものでしょう。土地の言い伝えが残らないので、やはりその時々で使用された陣城だったと思います。
2014/11/27
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「和光市」下車
城跡までは徒歩20分程度