築堤土塁
所在地 埼玉県新座市野火止
遺構 土塁
現状 睡足軒の森
目標物 案内板
史跡指定  
 
宝永元年(1704) 高崎藩主松平輝貞が野火止3千石を支配するための陣屋を構築する
 
参考 野火止陣屋跡案内板
 
 
築堤土塁 睡足軒に残る土塁 野火止用水
 
 この日は家内と新座温泉に浸かり、その帰り道にちょっと散歩をしました。武蔵野線の新座駅前に散策コースや名所・旧跡の案内があるので、それを参考にして平林寺を目指しました。ちょうど紅葉が見ごろだったので平日なのに結構観光客がいましたね。平林寺は拝観料を取られるので中には立ち入らず外側から紅葉を眺めただけです。増田長盛の墓はちょっと見たかったですけどね。平林寺門前には睡足軒の森という雑木林がありますが、ここは無料なので立ち寄ってみると野火止陣屋跡の案内板はあるし、道路沿いに土塁も残っていたりとかなり得した気分でした。北東に広がる農地には用水を開削したときに築かれた築堤土塁が残り、野火止陣屋堀の案内板が設置されています。近くには明暦元年(1655)に松平信綱が武蔵野開発のために開削した野火止用水もあるし、散策には絶好の場所だと思います。ちょっぴり退屈かもしれませんけど。
2013/11/28
 
公共交通機関 地図リンク
JR武蔵野線「新座」下車
陣屋跡までは徒歩30分程度