岡ノ城山
 
 
主郭跡の空堀
所在地 埼玉県朝霞市岡
遺構 郭・土塁・空堀
現状 城山公園
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
室町時代 太田道灌が築いたとの伝承あり
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
城山公園がそのまま城跡
主郭跡と二の郭跡はとても良く残っている
特に郭を隔てる空堀がとても見応えがあった
三の郭もまずまず残っているが
それより西側は公園入口建設のため破壊されている
 
岡城跡遠景 二の郭跡の空堀 二の郭跡
主郭跡の空堀 主郭跡 物見櫓跡の土塁
 
 はじめて訪れたのはまだ二十代の頃でした。その当時は微妙な土地の起伏などわからないので、ただの公園にしか見えなかった記憶があります。何度か訪れているうちに意外なほど遺構がよく残っているということがじわじわとわかってきました。やはり何度も足を運ばないといろいろなものが見えてきません。これはどの城跡にも言えることだと思います。それと公園のトイレに岡城のイラストが描かれていたことを今もよく覚えています。
 歴史については今ひとつ明確ではありません。太田道灌が築いたという説もあれば、戦国時代に付近を領有していた太田新六郎康資が築いたという説もあります。いずれにしても太田氏ゆかりの城跡であることは確かなようです。武蔵における北条氏の有力拠点だった滝ノ城に近いことから、岡城もその支城として整備されていたと思います。
2006/09/23・2015/01/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR武蔵野線「北朝霞」または東武東上線「朝霞台」下車
城跡までは徒歩25分程度