小室陣屋・伊奈屋敷・丸山城
 
 
空堀
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町小室
遺構 郭・土塁・空堀・水堀
現状 宅地・農地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
戦国時代 岩槻太田氏の支城が築かれる
天正18年(1590) 北条氏滅亡後、徳川家康の家臣伊奈忠次が1万石で入封
寛永19年(1642) 伊奈忠治が赤山陣屋を構築したため廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
西側から見た陣屋跡 大手跡の水堀 二の郭跡
水堀 主郭跡 主郭跡の空堀
土塁 空堀 搦手の空堀
 
 はじめてここに訪れたのは高校生の頃だから昭和の終わり頃になります。その当時は畑や民家の敷地に入らなければ自由に見学ができました。家内の実家が伊奈町だったこともあり、それから後も何度か訪れていますが、史跡指定に対するトラブルがあったのか、いたるところに立入禁止の立て札があるため歩きづらくなりました。伊奈陣屋跡が埼玉県の史跡指定を受けたのは戦前の話ですから、最近になって自治体と住民の間で何か軋轢を生じたものと思われます。
 江戸時代初期の陣屋ではありますが、実際には戦国時代に岩槻太田氏の庇護を受けていた無量寺閼伽井坊という寺院勢力の拠点が城郭を成していました。豊臣秀吉が北条氏を滅ぼすと徳川家康の家臣伊奈熊蔵忠次が領主となります。忠次は土木作業の名人であり、関東地方の運河の掘削や河川改修事業に多く携わった人です。現在の関東地方の発展を考えるともっと評価されるべき人物だと思います。
 見学にいろいろと制約はありますが、遺構はとてもよく残っています。ちょっと藪に入ると見事な空堀と土塁を見ることができます。城仲間からもあまり良い噂は聞いていなかったのですが、たまたま庭仕事をしていた住民に一声かけると快く見学許可をもらえたので、かなり隅々まで見て回ることができました。いろいろな問題を抱えていた城跡ですが、最近になり自治体と住民間での交渉が実を結んだようで散策路が整備されました。大部分は私有地のままだと思われるので配慮は必要ですが、嬉しいことだと思います。
2004/11/07・2007/04/27
 
公共交通機関 地図リンク
ニューシャトル「丸山」下車
陣屋跡までは徒歩10分程度