二の郭跡の空
別 称 小室陣屋・伊奈屋敷・丸山城
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町小室
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
現 状 宅地・農地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
訪問日 2004/11/07
2007/04/27
 
戦国時代 太田氏により岩槻城の支城が築かれる
天正18年(1590) 北条氏滅亡後、徳川家康の家臣伊奈忠次が1万石で入封
寛永19年(1642) 伊奈忠治が赤山陣屋を構築し陣屋は廃される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
埼玉の城址30選/埼玉新聞社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
ニューシャトル「丸山」下車 徒歩10分
 
 
西側から見た陣屋跡 大手跡の水堀 大手跡の水堀
二の郭跡 主郭跡 主郭跡の空堀
三の郭跡の土塁 三の郭跡の空堀 搦手の空堀
 
 はじめて伊奈陣屋跡へ訪れたのは高校生だった。卒業式を控えた長い春休みに訪れている。当時は畑や民家の敷地に入らなければ自由に散策することができた。都心で暮らしていた自分にとっては自然が豊かで素敵な場所に思えた。それから20年近くを経て訪れた陣屋跡は、あちらこちらに立入禁止の看板が設けられていた。史跡指定反対と書かれた立て札を見て気が滅入ったが、畑仕事をしていた人に声をかけたら快く見学させてくれた。
  江戸時代初期に徳川家康の直轄領で土木作業に従事して大活躍した伊奈熊蔵忠次が政務を執った陣屋であるが、それ以前から岩槻城の支城が築かれていた。太田氏の庇護を受けていた無量寺閼伽井坊という寺院勢力が拠点としていたという。伊奈忠次は関東地方の運河の掘削や河川改修を多く手掛けた人物であり、もっと高い評価をされるべき武将だと思う。
 最後に訪れてから10年以上が経過したが、伊奈陣屋を取り巻く情勢は変わり始めている。地権者と自治体との話し合いがついたようで、散策路が設けられ、自由に見学できる場所が整備された。もちろん大部分は私有地なので節度をもって訪れねばならないが、良い方向に向かっているのは何よりもめでたい話だと思う。
 ここを訪ねたのは18歳のときだったが、その2年後に知り合った女性が伊奈町在住だった。それから8年後に結婚をすることになるとは、人生とは面白いものだと思う。妻の両親の墓が近くにあるので、これからも訪れる機会はあるだろう。