天神山城
 
 
土塁
所在地 埼玉県北本市石戸宿
遺構 郭・土塁・空堀
現状 宅地・農地
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
室町時代 扇谷上杉氏の家臣藤田八右衛門が石戸城を築く
戦国時代 岩槻城主太田氏の支城となる
永禄5年(1562) 北条氏邦、毛利丹後守が守る石戸城を攻め落とす
天正18年(1590) 北条氏滅亡により石戸城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
石戸城跡 主郭跡の土塁 空堀
堀跡の畑 空堀 一夜堤跡
 
 埼玉県内では比較的有名な城です。石戸城は周囲を湿地に囲まれた要害でしたが、北条氏邦が一夜のうちに堤を築いて攻略したという逸話が残り、北本自然観察公園に今も堤跡が残っています。上杉謙信も北条氏の侵攻から石戸城を守るために救援に駆け付けたという要衝の城でしたが、現在では城跡はほとんどかたちを失っています。主郭は民家となり立ち入ることはできません。周辺に断片的に土塁や堀跡が残る程度となってしまい、以前は設置されていた案内板も撤去されていました。
 歴史的由緒の正しい城跡だけに残念なことですが、北本市も石戸城を史跡公園化する計画に着手したようで保存計画が練られています。公有地化が無事に進み適度な整備がされることを期待したいものです。城跡を取り囲む北本自然観察公園はとても美しい公園なので、歴史と自然を活用した史跡公園が誕生することを願ってやみません。
2005/06/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「北本」下車
川越観光バス「北里大学メディカルセンター・石戸蒲ザクラ入口」行きで「自然観察公園前」下車
城跡までは徒歩15分程度