源範頼館
 
 
石碑
所在地 埼玉県北本市石戸宿
遺構 土塁・空堀
現状 石戸神社
目標物 石碑
史跡指定  
 
鎌倉時代 石戸左衛門尉が居館を構える
 
参考 武蔵武士/まつやま書房・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
石戸神社 土塁 蒲桜
 
 鎌倉幕府の御家人石戸左衛門尉の館跡とされていますが、このあたりは源範頼にまつわる伝承が多く、この館も範頼の居館跡という言い伝えが残されています。石戸神社から東光寺にかけてがその範囲となり、石戸神社の石碑の横には石戸左衛門尉館跡と刻まれていました。実際に土塁と堀の一部が今も残存しています。一方、東光寺には樹齢800年を誇る蒲桜が国の天然記念物として保存されています。その名のとおり蒲ノ冠者と呼ばれた源範頼の故地であったことを示す古木です。
2005/06/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「北本」下車
川越観光バス「メディカルセンター」行きで終点下車
館跡までは徒歩5分程度