広沢の池
所在地 埼玉県朝霞市栄町
遺構 消滅
現状 朝霞第八小学校
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 相模武士/戎光祥出版
 
 広沢堂山についての歴史は解明されていませんが、久寿2年(1155)に源義平が叔父の源義賢を討った大蔵合戦に従った波多野実方が、軍功により武蔵国広沢郷を与えられ広沢氏を名乗ったという伝承があります。実方自身は当時まだ15歳の若武者であり、相模を離れて遠い武蔵国に館を構えたかどうかは疑問ですが、肯定的に捉えると実方が義平の側近として近侍していたのかもしれません。
 朝霞第八小学校付近が広沢堂山とされていますが遺構はありません。北側には広沢観音堂と広沢の池があります。広沢の池は古くから存在する湧水であり、様々な魚や水鳥が暮らす場所と案内板に記されていましたが、今はコンクリートで護岸された殺風景な場所でした。
2014/11/27
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「朝霞」下車
城跡までは徒歩15分程度