空堀
所在地 埼玉県桶川市川田谷
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
室町時代 岩槻太田氏の家臣石井丹後守が居城する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
三ツ木城跡 城跡への入口 土塁
空堀 櫓台  
 
 川田谷に城山公園がありますが、三ツ木城跡は公園内ではないので戸惑うかもしれません。案内板はありますが城跡の場所は記されていないので注意をしてください。城跡は案内板から近い雑木林の中にあります。民家の敷地を含むので案内表示がされていないのでしょう。
 三ツ木城は足立遠元の居館だったとする説があります。遠元の子遠村は河田谷氏を称しているので居館が置かれていた可能性はありますが、発掘調査の結果では築城年代を14世紀頃と推定しています。時代は下って室町時代から戦国時代にかけては岩槻太田氏の支城として石井丹後守が居城していたと伝わります。永禄3年(1560)に上杉謙信は北条氏の支配する河越城を攻めるために三ツ木城の南にある泉福寺を本陣としていますが、このときに三ツ木城も越後兵が駐屯したのかもしれません。
 三角形をした珍しいかたちの城で、遺構は今もよく残っています。民家があるために堀底しか歩いていませんが、土塁と堀はとても綺麗でした。堀底はじめじめとしており足を取られました。小さな城ですが満足感の高い城でした。
2005/06/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「桶川」下車
東武バス「川越」行きで「川田谷支所」下車
城跡までは徒歩10分程度