牧野陣屋
 
 
薬師堂
所在地 埼玉県桶川市川田谷
遺構 消滅
現状 薬師堂
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正18年(1590) 徳川家康の家臣牧野康成が5千石で陣屋を構える
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 
昔日の陣屋跡 陣屋跡付近の光景  
 
 僕が訪れた頃はまだ農村の風景が残っていました。陣屋跡の近くには牛がいて牧草を食み、のんびりとした風景が広がっていたものです。陣屋跡には薬師堂がぽつんと建っていたぐらいで明確な遺構はすでにありませんでしたが、とても楽しい散歩だったことを覚えています。
 川田谷に陣屋を構えた牧野康成は三河以来の徳川家譜代の家臣で、戦場に赴く時は金扇の指物をしていました。主君の家康がこれを気に入り自らの馬印としたことで知られています。茶道にも通じていた康成は豊臣秀吉からも気に入られて豊臣姓を授けられています。康成の子信成は加増を受けて関宿藩主となりましたが、川田谷はその後も牧野氏の所領となっていました。
 桶川北本インターチェンジの建設で陣屋跡の光景はすべて失われてしまいました。巨大な高速道路の脇に薬師堂だけが残っています。便利な世の中になりましたが、本当にそうなのでしょうか。牛たちがのんびりと暮らしていた時代のほうがずっと良かったと僕は思っています。
2005/06/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「北本」下車
川越観光バス「メディカルセンター」行きで終点下車
陣屋跡までは徒歩30分程度