館跡碑
所在地 埼玉県桶川市末広
遺構 消滅
現状 総合福祉センター
目標物 石碑
史跡指定  
 
平安時代末期 足立氏が居館を構える
弘安8年(1285) 足立直元、霜月騒動で北条氏に敗れ自刃する
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社・武蔵武士/まつやま書房
 
 源氏の家人足立右馬允遠元の居館跡伝承地のひとつです。遠元の館跡と伝わる場所は桶川市内だけでもに他に2つあります。1つは神明の雷電神社近辺であり、もう1つは川田谷の三ツ木城です。さいたま市の旧大宮地区にも館跡と伝わる場所がありますが、いずれも伝承の域を出ません。足立氏は藤原氏を先祖とする豪族で武蔵国足立郡を地盤として発展を遂げました。足立郡は今で言うと埼玉県東南部から東京都足立区周辺までの広範囲に亘る地域であるため足立氏の館がどこに構えられていたかはわからなくなっています。
 源頼朝が挙兵すると遠元はすぐに参陣し、鎌倉幕府誕生後は幕閣として活躍しています。幕府創業の功臣が次々と粛清される中で足立氏は勢力を維持してきましたが、霜月騒動で足立直元が自害したため嫡流は滅んでしまいました。
 遠元の居館跡の石碑が建つ総合福祉センターも比定地のひとつというだけで遺構が確認されているわけではありません。ただ、古い伝承地ということだけに支えられている場所です。
2005/05/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「桶川」下車
市内循環バス・東循環で「総合福祉センター」下車
館跡までは徒歩3分程度