鴻巣砦
 
 
鴻巣御殿跡
所在地 埼玉県鴻巣市本町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
天文20年(1551) 岩槻太田氏の家臣小池長門守久宗が砦を築く
文禄2年(1593) 小池隼人助が砦跡を徳川家康へ寄進し鴻巣御殿が造営される
寛永7年(1630) 鴻巣御殿は廃止となる
 
参考 鴻巣御殿跡案内板
 
 
地名表示 御殿跡の東照宮 案内板
 
 徳川家康は鷹狩が大好きだったことはよく知られています。関東へ入国すると領内巡視を兼ねていろいろな場所で鷹狩を楽しんでいます。鴻巣御殿はもともと岩槻太田氏の配下で鴻巣七騎に数えられた小池長門守久宗が築いた城砦でした。太田氏が北条氏に従属すると鴻巣七騎もそれに従い、久宗は北条氏康の命により鴻巣砦を築き鴻巣宿の整備を行っています。久宗の孫隼人助は居城を差し出し、家康はその跡地を鷹狩御殿としました。
 鴻巣駅の南東に鴻巣御殿はありましたが、駅から近い一等地のため付近はびっしりと住宅が建ち並んでいます。御殿跡の範囲もはっきりとはわからないのですが、細い路地裏を入ると小さな東照宮が祀られており、御殿跡の案内板が設置されています。
2015/05/05
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「鴻巣」下車
城跡までは徒歩5分程度