箕田城・大間城
 
 
土塁と空堀
所在地 埼玉県鴻巣市大間
遺構 郭・土塁・空堀
現状 城山ふるさとの森
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
平安時代 源経基が居館を構えた伝承が残る
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
鴻巣高校の南西に隣接しているのですぐにわかる
単郭の居館跡だが遺構は良い状態で残っている
折れを伴う土塁と堀が見どころ
 
標柱 櫓台の土塁 櫓台上の石碑
空堀 折れを見せる空堀 空堀
 
 清和源氏の遠祖に当たり六孫王と呼ばれた源経基の居館伝承地です。経基は平将門討伐の副将軍に任じられるなど朝廷の信任が厚く、源の姓を賜り源氏の祖となった人物です。ここが経基の居館だったかはわかりません。他にも源頼義や源仕の館という伝承も残りますが、遺構は平安時代のものではなく室町時代から戦国時代にかけて築かれたものとされています。新編武蔵風土記稿では扇谷上杉氏の家臣箕田氏の城としていますが、夢もロマンもないのですが正鵠を得ていると思います。
 鴻巣駅からそれほど遠くない城山ふるさとの森に今も土塁と空堀が残っていました。土塁の規模や折を用いた空堀が僕を楽しませてくれました。宅地化が進む中、見事な遺構を保存されているのは嬉しく思います。平安の昔に思いを馳せるには無理がありますが、伝承は伝承として大切に伝えていきたいとも思いました。
2005/06/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「鴻巣」下車
城跡までは徒歩15分程度