安達館遠景
所在地 埼玉県鴻巣市糠田
遺構 消滅
現状 氷川神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 安達氏が居館を構える
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 安達氏は藤原北家魚名流の一族とされています。源頼朝が流人として伊豆の蛭ヶ小島に流されていた時から、常に傍ら近くに仕えていた安達藤九郎盛長は特に有名です。頼朝が北条政子の妹に恋文を送ったときに盛長は故意に宛名を政子に書き換えたり、頼朝の挙兵前には頼朝の使者として関東の有力豪族を訪れ参陣を促すなど、源氏再興の陰の立役者となりました。
 館跡は鴻巣市と比企郡吉見町の境界近くの糠田付近とされています。荒川に架かる糠田橋北詰の河川敷一帯にあったようですが、はっきりとした場所は特定されていません。糠田運動公園から県道を挟んだ氷川神社あたりまでを候補地としておきます。この日は源経基館を振り出しに北本市の石戸城や石戸堀ノ内までを歩きました。特に意図したわけではないですが源氏ゆかりの城館跡を訪ねたことになります。6月中旬だから暑くて安達盛長の居館まではたどり着けませんでした。遠くに氷川神社を含む河川敷が見えたので遠景のみの撮影に留めています。
2005/06/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「鴻巣」下車
館跡までは徒歩30分程度