箕田碑
所在地 埼玉県鴻巣市箕田
遺構 消滅
現状 氷川八幡神社
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
平安時代 源仕が居館を構える
 
参考 氷川八幡社案内板
 
 嵯峨源氏の源仕がこの地に館を築き箕田氏の祖となりました。箕田館には仕の子宛と孫の綱までが居住したとされています。仕は鴻巣市内の大間に館を構えた源経基に仕えて承平・天慶の乱の鎮圧で武功を立てて武蔵守に任じられてます。源宛は若くして世を去りましたが、武勇の誉れ高く平良文と一騎討ちをした逸話が残っています。孫の綱は源頼光の四天王の一人として名高い渡辺綱で、平安時代には頼光に従い大江山の酒呑童子や土蜘蛛を退治したことで知られています。この系統は代々一字の名乗りを用いたことが特徴的で、肥前平戸藩主の松浦氏も嵯峨源氏渡辺氏の末裔と称しています。
 箕田氏の居館跡とされる場所はいくつか存在しています。北鴻巣駅から近い氷川八幡神社には嵯峨源氏のあらましを記した案内板とその事跡を顕彰した箕田碑があります。神社にある案内板の文章にはやや差異があり、館跡は氷川八幡社の北とする説と満願寺の南側とする説がありました。いずれにしても鴻巣市内に彼らの館があったことは確かなようです。
2015/09/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「北鴻巣」下車
館跡までは徒歩15分程度