案内板と小谷城跡
所在地 埼玉県鴻巣市小谷
遺構 消滅
現状 宅地・農地・河川敷
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 小宮山内膳が居城する
 
参考 小谷城跡案内板
 
 
小谷城跡の現況 堀のような・・ 荒川決壊の碑
 
 忍城主成田氏に仕えた小宮山内膳の居城と伝わります。JR高崎線の北鴻巣駅から荒川の堤防を目指して歩くと宝勝寺とがあります。堤防上に設置されている小谷城の案内板によると宝勝寺から堤防を挟んだ河川敷までを城の範囲としています。
 堤防上に上がり周囲を見渡しても遺構と思えるものは残っていません。大河川に近い低地ですから度重なる水害ですべて失われたのでしょう。僕が訪れたのは大型の台風が関東地方から東北地方にかけて縦断し、特に関東北部の平野は甚大な被害を受けたあとでした。河川敷の低く窪んだ場所に水が溜まり水堀のような景観を成していたことを覚えています。これが城の遺構と考えるのは早計ですが、当時もこのような低湿地を利用した城だったことがおぼろげに浮かんできました。
 この日は堤防沿いに熊谷市まで歩いたのですが、途中に荒川決壊の碑がありました。昭和22年のカスリーン台風で荒川と利根川の堤防が同時に決壊し多数の家屋が流されて尊い命が失われたことが案内板に記されています。日本に人が住み始めた時から水害との戦いが始まったわけですが、人の力は結局、自然のそれには敵わないことを考えながら歩きました。昔も今も人は自然には勝てないということを思い知らされた城歩きでした。
2015/09/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「北鴻巣」下車
城跡までは徒歩30分程度