館跡の現況
所在地 埼玉県鴻巣市下忍
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 津戸三郎為守が居館を構える
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 鎌倉時代の武士で源頼朝に仕えた津戸三郎為守の居館跡とされています。津戸三郎の居館跡伝承地としては東京都国立市の谷保城があります。国立市に津戸や角戸の地名が残らないことから、その苗字の発祥の地が角戸館であり、後年に所領を得て居住した土地が谷保城だったのでしょうか。いずれにしても実在した人物なのか不確かで事跡も明らかではありません。晩年は深く仏門に帰依していたということだけが伝わります。
 館跡とされる場所は宝養寺のやや南にある土地で民家と水田になっています。周辺よりも土盛りされて高くなってますが、水害対策のためにこのあたりの民家は同じように土盛りされているため紛らわしいですね。ここに来る途中にも同じような民家があり周囲を堀で囲まれていました。そちらのほうが居館らしい雰囲気でしたね。
2016/03/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「吹上」下車
館跡までは徒歩30分程度