西尾氏陣屋
 
 
堀跡
所在地 埼玉県上尾市上尾下
遺構 空堀
現状 陣屋公民館
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正18年(1590) 徳川家康の家臣西尾吉次が5千石で陣屋を構える
元和2年(1616) 西尾忠永が上野白井へ転封となり陣屋は廃止となる
 
参考 戦国人名事典/新人物往来社
 
 徳川家康の家臣西尾吉次が5千石で陣屋を構えた場所です。今も陣屋公民館があるので場所はわかりやすかったです。公民館のおそらく北側だと思うのですが堀跡が残っていました。それ以外の遺構は見当たらず案内板などもありません。
 吉次は吉良家の出身でしたが、人質として織田信長のもとへ送られてそのまま織田家の家臣となりました。天正10年(1582)の本能寺の変で吉次の運命は一変します。武田氏を滅ぼした信長は徳川家康を労うために安土城へ招き、吉次はその饗応役を務めます。堺を見物中の家康に吉次は本能寺の変を報せました。吉次はそのまま家康の護衛をして伊賀越えから三河へ戻るのですが、この縁で吉次は家康の家臣となります。関ヶ原の戦いにも従軍した吉次は戦後に7千石を加増され大名となり原市藩が立藩しました。幸運に幸運が重なり西尾氏は大名となるのですから歴史は面白いと思います。
2012/02/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「上尾」下車
市循環バス「陣屋公民館」下車
陣屋跡までは徒歩0分程度