蕨御所
 
 
水堀
所在地 埼玉県蕨市中央
遺構 水堀
現状 蕨城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
貞治5年(1366) 渋川義行が蕨城を築く
大永4年(1524) 北条氏綱が蕨城を攻め落とす
大永6年(1526) 扇谷上杉朝興が蕨城を攻め落とす
永禄10年(1567) 渋川義基、上総三船山の戦いで討死し蕨城は廃城となる
江戸時代初期 徳川家康が蕨城跡に鷹狩御殿を造営する
 
参考 蕨城跡案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
蕨城跡 水堀 復元土塁
 
 蕨城は足利氏一門の渋川義行によって築かれたとされています。戦国時代の蕨城は幾度か争奪戦が行われ、最終的に渋川氏は北条氏の傘下となりますが渋川義基が上総三船山の戦いで里見軍に討ち取られたことにより渋川氏は滅び蕨城も廃城となりました。北条氏滅亡後、関東へ入国した徳川家康は蕨城跡を鷹狩御殿として再利用しています。
 現在の蕨城跡は蕨市中央公民館と和楽備神社に挟まれた公園となっています。石碑と案内板が設置された城址公園として土塁が復元され、水堀が池として残っていますが、この水堀はどうみても公園の池にしか見えません。蕨城の所在地については諸説あり戸田市の元蕨が本来の蕨城ではないかとされていますが、確かにその可能性もあるかとは思います。草創期の蕨城が元蕨に築かれた城で、戦国時代の蕨城は現在地ではないかと思います。無理にひとつだけと考えることがそもそも間違いのように僕は考えています。
1997/10/10・2011/11/25
 
公共交通機関 地図リンク
JR京浜東北線「蕨」下車
城跡までは徒歩15分程度