小宮山城
 
 
崩される戸塚城
所在地 埼玉県川口市戸塚
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 岩槻太田氏の家臣小宮山忠孝が居城する
天正18年(1590) 北条氏滅亡により戸塚城も廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
 
 岩槻太田氏の支城として小宮山氏が守っていた戸塚城は平成の時代になっても奇跡的に残っていました。古い文献には『遠くには綾瀬川を越え、越谷の宿駅まで眼下に見やり、筑波山も手にとるばかりの眺望』とあり、その眺望が優れていたことを感じさせる見事な文章だと思います。
 僕が訪れたときの戸塚城は数次に亘る発掘調査も終わり、まさに宅地開発によって最後の落城を迎える瞬間でした。丘は崩されまるで血を流しているような土の色が今も忘れられません。断末魔の叫びのような姿を見てひどく落胆したものです。あと1年でも早く訪れていればその勇姿を見ることができたと思うと未だに後悔してしまいます。
2004/02/17
 
公共交通機関 地図リンク
埼玉高速鉄道「戸塚安行」下車
城跡までは徒歩5分程度