宅地造成中の戸塚城
別 称 小宮山城
所在地 埼玉県川口市戸塚
遺 構 消滅
現 状 宅地
目標物  
史跡指定  
訪問日 2004/02/17
 
戦国時代 岩槻太田氏の家臣小宮山忠孝が築く
天正18年(1590) 北条氏滅亡により廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
埼玉高速鉄道「戸塚安行」下車 徒歩5分
 
 
 物悲しい写真である。崩されてゆく城跡を撮影するのは寂しいものだ。もう少し早く訪ねていれば良かったと後悔しているが、自分が訪れたときは発掘後の現地説明会も終わり、重機で切り刻まれる戸塚城跡の断末魔だった。
 岩槻太田氏の家臣小宮山氏の居城という戸塚城は21世紀を迎えても奇跡的に残っていた。古い文献には遠くに綾瀬川を越え、越谷の宿駅まで眼下に見やり筑波山も手にとるばかりと記されている。城跡からの眺望を感じさせる見事な文章だと思う。いつでも行けるだろうと考えて、ずっとそのままにしていたが、城跡が破壊されているという情報を得たのは、半分ほどが崩されたあとだった。5百年近い歴史を伝えてきた戸塚城の最後の落城の瞬間をこの目で見たことになる。剥き出しの土が痛々しいが、その最期の姿を撮影することができたのは不幸中の幸いだった。