空堀
別 称 赤山城
所在地 埼玉県川口市赤山
遺 構 土塁・空堀
現 状 城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
訪問日 2002/02/09
 
寛永6年(1629) 伊奈忠治が赤山陣屋を築く
寛政4年(1792) 伊奈忠尊が所領没収され陣屋は廃される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
赤山城跡案内板
 
 
埼玉高速鉄道「新井宿」下車 徒歩20分
 
 
山王神社の土壇 空堀 空堀
 
 関東郡代伊奈忠治が7千石の采地を賜り構えた陣屋である。。父は有名な伊奈忠次で治水事業や運河の掘削を多く手掛けた土木作業の名人である。父親譲りの普請の才能を受け継いだのか、赤山陣屋は城と呼んで差し支えないほどの広大な面積を誇っている。公園整備された陣屋跡には今も空堀が美しく復元されているが、当時の面影を伝える空堀も残っていた。伊奈陣屋がそうであるように赤山陣屋も中世の城を再利用したものかもしれない。
 昔は陸の孤島のような場所だったが、埼玉高速鉄道の開通で訪れやすくはなった。ただ、この路線は法外と言っていいぐらい運賃が高い。かなり異常な料金設定だと思う。川口市内の城館跡を再訪しようという気分になれないのもそれがある。