石碑
所在地 埼玉県川口市元郷
遺構 消滅
現状 南平公民館元郷分館
目標物 石碑
史跡指定 川口市指定史跡
 
戦国時代 平柳蔵人が居館を構える
永禄7年(1564) 平柳蔵人、国府台の戦いで討死する
 
参考 埼玉ふるさと散歩/さきたま出版会
 
 平柳氏は鎌倉幕府創業の功臣足立遠元の末裔と思われます。この館の起源も鎌倉時代にまで遡るのかもしれません。戦国時代には平柳蔵人がこの館で起居していました。館跡は南平公民館元郷分館が建ち、公民館の玄関脇に館跡の石碑と由来碑が建てられています。碑文には土塁と三重の堀を巡らせた堅固な館であったことが刻まれていますが、今では市街地に埋没して遺構は残っていません。平柳蔵人はとても良い領主だったようで、今もこうして館跡に石碑が建てられ、その遺徳を慕う人々により伝承が残されていることに感銘を受けました。
2002/02/09
 
公共交通機関 地図リンク
埼玉高速鉄道「川口元郷」下車
館跡までは徒歩15分程度