鍛冶曲輪跡の空堀
別 称 岩付城・白鶴城・竹束城・浮城
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区太田
遺 構 城門・郭・土塁・空堀・水堀
現 状 岩槻城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
訪問日 2007/04/27
2018/05/14
 
文明10年(1478) 成田正等が岩槻城を築く
大永2年(1522) 太田資頼が岩槻城を奪い岩槻太田氏の居城となる
永禄7年(1564) 太田氏資が北条氏康に内応し父資正を追放する
天正18年(1590) 北条氏滅亡後、徳川家康の家臣高力清長が2万石で入封
元和6年(1620) 青山忠俊が4万5千石で入封
元和9年(1623) 阿部正次が5万5千石で入封
天和元年(1681) 板倉重種が6万石で入封するも3ヶ月で失脚し戸田忠昌が5万1千石で入封
貞享3年(1686) 松平忠周が4万8千石で入封
元禄10年(1697) 小笠原長重が5万石で入封
安永8年(1711) 永井直敬が3万3千石で入封
宝暦6年(1756) 大岡忠光が2万石で入封
明治4年(1871) 大岡忠貫のときに廃藩置県を迎える
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社
日本城郭大系/新人物往来社
関東の城/小学館
 
 
東武野田線「岩槻」下車 徒歩20分
 
 
岩槻城跡 時の鐘 大手門跡
黒門 伝裏門 馬出跡の空堀
鍛冶曲輪跡の堀障子 鍛冶曲輪跡の土塁 鍛冶曲輪跡の土塁と空堀
鍛冶曲輪跡の土塁 鍛冶曲輪跡の二重土塁 新曲輪跡西側に残る沼
二の丸跡の石碑 本丸跡の石碑 総構の土塁
 
 明治維新を迎えたときの埼玉県には河越城、忍城、岩槻城の3つの城が残っていたが、そのいずれもが沼沢地を利用した要害だったため、明治新政府により破壊されている。それでも戦前までは城郭のかたちはよく残されていたが、戦後の開発は土塁を崩し、沼や堀を埋めて土地を平らに均し、城の原型はほとんど残っていない。
 岩槻城も城址公園として保存されているのは新曲輪と鍛冶曲輪のみで、本丸と二の丸などの中心部は碁盤の目のように区画整理がされてしまい、城跡らしさは皆無といっていいほどだった。それでも堀跡の低地や土塁の一部が残っていたのだが、開発は今も進み、わずかながらも残った遺構を消し去ることに躍起になっている。それは街づくりというよりもまるで岩槻城の痕跡を消すための作業のようだ。城というのは郷土の誇りであり象徴でもあると思うのだが、行政にとっては邪魔な存在でしかないらしい。城が葬り去られるようにして歴史ある岩槻市すらもさいたま市に編入された。
 失われたものは戻らないので残っているものを少しでも楽しみたい。そんな気持ちで城址公園に訪れた。全体からすればほんの一部分だが、隠された遺構を見つけるのは楽しい時間だった。それは公園から外れた場所の沼地だったり、空堀であったりと様々だが、北条氏も手こずった堅城ぶりを垣間見ることができる。公園内の深い堀底を歩くのも岩槻城の迫力を感じるには十分だった。散策路には城門が保存されており、なぜか昔の東武鉄道の特急列車として使われた車両が静態保存されている。
 はじめて訪れたときはまだ二の丸跡の堀跡が低地となって素人目にもわかるほどだったが、11年ぶりに訪れたときはびっしりと住宅が建ち並び、岩槻城の姿がまたひとつ消されていた。小さなガソリンスタンドの奥に本丸跡の石碑があるが、これも事前に知っていないと探せないような場所にある。岩槻駅の近くに愛宕神社が祀られているが、これは総構の土塁である。古老たちは岩槻の金屏風と誇らしげに呼んだというが、今ではここぐらいにしか残されていない。踏切側から見ると立派な土塁だった。
 太田道灌が築いたとされていた岩槻城だが、実際は成田氏によって築かれたというのが定説になりつつある。その後は岩槻太田氏の居城となり、さいたま市内にはその支城が数多く築かれていた。岩槻の街並みはこれからも変わってゆくのだろうが、城下町の風情だけは大切にしてほしい。