岩付城・白鶴城・竹束城・浮城
 
 
大手門
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区太田
遺構 城門・郭・土塁・空堀・水堀
現状 岩槻城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
文明10年(1478) 成田正等が岩槻城を築く
大永2年(1522) 太田資頼が岩槻城を奪い岩槻太田氏の居城となる
永禄7年(1564) 太田氏資が北条氏康に内応し父資正を追放する
天正18年(1590) 北条氏滅亡後、徳川家康の家臣高力清長が2万石で入封
元和6年(1620) 青山忠俊が4万5千石で入封
以後、阿部氏、板倉氏、戸田氏、松平氏、小笠原氏、永井氏、大岡氏が入封
明治4年(1871) 廃藩置県を迎える
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
平城の宿命でほとんど市街地に埋没している
本丸の土塁も近年崩されてしまい中心部はほぼ消滅
新曲輪と鍛冶曲輪が城址公園として保存されている
現存する土塁と空堀はなかなか見事であるが
それ故にもはや見ることができない遺構の破壊が残念
 
岩槻城跡 大手口跡 伝裏門
馬出曲輪の空堀 鍛冶曲輪の土塁と空堀 鍛冶曲輪の土塁と空堀
新曲輪西の沼沢地 時の鐘 総構の土塁
 
 武蔵の名城岩槻城は明治維新後に徹底的に破壊されてしまいました。沼沢地を利用した平城の定めでしょう。忍城や川越城とともにその痕跡をあまり留めていないのが残念です。城址公園となっている一帯はそれでも往時の岩槻城の要害ぶりを伝えてくれます。深い堀底を歩いているだけで十分に迫力が伝わってきますが、ちょっと散策路から逸れると浮き城の面影を残す沼があったり藪の中に空堀があったりして面白かったです。岩槻城は城と城下町を取り囲んだ総構えの城としても知られています。岩槻の金屏風と呼ばれた総構えですが、今ではほんの一部にのみその遺構を残しています。
 何度か訪れていますが、以前はもっと町のあちこちに堀や土塁の痕跡が残っていました。さいたま市に編入されて都市部のベッドタウン化が進んでしまい、遺構の破壊に追い討ちがかかっている印象です。もう少し早めに行政が手をうってくれたらと残念な気持ちになってしまいます。
2007/04/27
 
公共交通機関 地図リンク
東武野田線「岩槻」下車
城跡までは徒歩20分程度