旧渋江町の碑
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区本町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 渋江氏が居館を構える
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 岩槻の市街地にはすでに渋江町の名はありません。バス停や公民館にその名を残すのみとなっています。渋江氏の居館も早い時期に岩槻城の一部に取り込まれており、昭和40年代の高度成長期における開発により街並みが大きく変貌したために館跡の場所もわからなくなりました。幸いにして岩槻の町には旧町名の石碑が建てられており、渋江町のあった区域を把握することができます。
  渋江氏は野与党の大蔵経遠を祖とし、鎌倉時代には渋江五郎光衡が地頭を務めています。渋江一族はその名の通りしぶとく中世を生き抜き、戦国時代には岩槻太田氏に従っていました。大永5年(1525)に北条氏綱は岩槻城を攻めましたが、このときに渋江三郎は北条方に内応し岩槻城は落城しています。渋江三郎はそのまま岩槻城の城代に抜擢されますが、5年後には太田資頼が岩槻城を奪還しています。
2002/03/28
 
公共交通機関 地図リンク
東武野田線「岩槻」下車
館跡までは徒歩15分程度