浄安寺
別 称
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区本町
遺 構 消滅
現 状 浄安寺
目標物  
史跡指定  
訪問日 2002/03/28
2018/05/14
 
平安時代末期 渋江氏が居館を構える
大永5年(1525) 太田氏の家臣渋江三郎が北条氏に内応し岩槻城は落城する
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東武野田線「岩槻」下車 徒歩15分
 
 
浄安寺本堂 高力清長供養塔 武州鉄道の小径
 
 渋江氏は野与党出身で大蔵経遠を祖とし、鎌倉時代には渋江五郎光衡が地頭を務めている。渋江一族は名前の通りしぶとく中世を生き抜き、戦国時代には岩槻太田氏に従っていた。北条氏綱は岩槻城を攻めたときに城内にいた渋江三郎が内応し岩槻城は落城している。渋江三郎は北条氏によって岩槻城代に抜擢されたが、5年後に太田資頼が岩槻城の奪還に成功している。
 渋江町の名はもう失われている。そもそも岩槻市そのものがさいたま市へと編入されてしまっている。岩槻市民でもない自分だが、歴史ある城下町が区にされてしまうのはとても疑問に思った。渋江の地名も同じで、バス停や公民館にその名を残すのみとなっていた。
 渋江氏の居館も早い時期に岩槻城の一部とされてしまったらしく、高度成長期における開発で岩槻城下も大きく変貌したために館跡の場所もわからなくなっている。もっとも渋江氏の居館跡は府内三丁目遺跡に比定する説もある。幸いにして岩槻には旧町名の石碑が建てられており、渋江町のあった区域を把握することができた。浄安寺付近が渋江氏居館跡の比定地となっているものの発掘もされておらず、その所在を確定することは難しい。
 岩槻城へ再訪したくなり、そのついでに渋江氏の居館跡へも16年ぶりに訪れた。旧渋江町の石碑の場所はもう忘れていた。渋江交差点あたりに建てられていたと記憶していたが、あるいは撤去されてしまったのかもしれない。浄安寺の境内に初めて足を踏み入れてみたが、初代岩槻藩主の高力清長の供養塔があった。仏高力と呼ばれたほど温厚で善政を布いた武将でもある。大通りから浄安寺へ歩く路地には武州鉄道の小径という看板がある。細い水路があるが暗渠になっている。あるいはこれが渋江館の堀跡なのかもしれない。そんなことを考えながら岩槻城へと向かった。