龍門寺
別 称
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区日の出町
遺 構 土塁
現 状 龍門寺
目標物  
史跡指定  
訪問日 2002/03/28
2018/05/14
 
戦国時代 岩槻太田氏の家臣佐枝若狭守秀成が居館を構える
天正18年(1590) 佐枝秀成、岩槻城に籠城し豊臣軍と戦い討死
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東武野田線「岩槻」下車 徒歩20分
 
 
以前の看板 土塁 土塁
 
 近江源氏佐々木氏の後裔を称し、戦国時代には岩槻太田氏の家臣となっていた佐枝若狭守秀成の居館跡で、現在は龍門寺の境内となっている。岩槻市街地から少し北へ歩いた場所にあり、門前には佐枝若狭守館跡と記された案内板があった。同時にここは江戸時代に岩槻城主となった大岡氏の菩提寺でもある。墓地に巨大な土塁があるが、これ以外にも土塁が残っていることは後々知った。
 秀成は主家太田氏が北条氏に従属したために豊臣の軍勢を相手に岩槻城に立て籠もり討死しているが、子の秀元は徳川家康に召し出された。関ヶ原の戦いで家康が天下を取ると、佐枝氏は尾張藩主徳川義直の直臣に抜擢されて尾張へ移住している。
 岩槻城をもう一度見たくなり、せっかくだから龍門寺へも足を延ばしてみたが、門前にあったおおきな案内板は撤去されており、山門は固く閉じられて境内を散策することはできなかった。住職が寺は観光地ではないという考えを持っているそうで、普段は入れなくなってしまったらしい。佐枝館の土塁を見にくる人はそうはいないと思うが、大岡氏の墓所も見られなくなってしまったのは残念に思う。