土塁
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区日の出町
遺構 土塁
現状 龍門寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 佐枝若狭守秀成が起居する
天正18年(1590) 秀成、岩槻城に籠城し討死する
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 佐枝氏は近江源氏佐々木氏の後裔を称しています。戦国時代に岩槻太田氏に仕えた佐枝若狭守秀成の居館は現在の龍門寺にありました。秀成は北条氏に従属した主家太田氏の岩槻城に籠城して討死しますが、子の秀元は徳川家康に召し出され家臣となりました。後に佐枝氏は尾張藩主徳川義直の直臣に抜擢されて尾張へと移住しています。
 岩槻の市街地から北にある龍門寺の門前に佐枝若狭守館跡と記された案内板があります。龍門寺は佐枝氏の菩提寺であると同時に江戸時代の岩槻城主大岡氏の菩提寺でもあります。墓地の一角に巨大な土塁が残っていましたが、他にも土塁が残っているそうです。
2002/03/28
 
公共交通機関 地図リンク
東武野田線「岩槻」下車
館跡までは徒歩20分程度