初鹿野陣屋
 
 
陣屋跡
所在地 埼玉県さいたま市北区土呂町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天正18年(1590) 初鹿野伝右衛門信昌が陣屋を構える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
 
 
陣屋跡遠景 陣屋跡内の風景 空堀
土塁 土呂の地蔵堂  
 
 武田氏の遺臣初鹿野伝右衛門信昌は徳川家康に召し抱えられ武蔵土呂に7百石を与えられました。その禄高には不釣り合いなほど大きな屋敷地という印象を受けるので、岩槻城の出城か重臣の屋敷でもあった場所を再利用したのかもしれません。
 僕がはじめて土呂陣屋跡を訪れたのは昭和60年代でした。その頃はまだ土塁や堀がよく残っていたことを記憶しています。さいたま新都心構想というものが跳梁跋扈するようになり、それまで良い状態で残されていたさいたま市内の城館跡が数多く犠牲となりましたが、土呂陣屋跡もご多分に漏れることなく日進月歩の速さで破壊が進んでいます。以前は緑の濃かった陣屋跡は訪れる度に新しい道路が敷かれるようになりました。それでも陣屋跡は保存樹林となっている土地が多かったおかげで開発から取り残されていましたが、今ではすっかり様変わりしてしまったようです。航空写真を見た瞬間に再訪して現況を確かめようという気持ちすら失せてしまいました。この写真で在りし日の姿を伝えることができたら幸いです。
2008/10/30
 
公共交通機関 地図リンク
東武野田線「大宮公園」下車
陣屋跡までは徒歩15分程度