陣屋跡の現況
別 称 指扇陣屋・山之内陣屋
所在地 埼玉県さいたま市西区中釘
遺 構 消滅
現 状 農地
目標物  
史跡指定  
訪問日 2008/01/26
 
元和9年(1623) 山内一唯が3千石の采地を賜り陣屋を構える
元禄2年(1689) 山内豊房が土佐藩の養子となり陣屋は廃される
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR川越線「指扇」下車 徒歩15分
 
 
 大坂の陣で戦功をたてた山内一唯は武蔵指扇に3千石を与えられ陣屋を構えた。既に叔父の山内一豊はこの世を去っている。大坂の陣での行賞としては遅いと思うが、とにかく土佐を離れて大身旗本となった。陣屋は秋葉神社の西側にあったというが、その区画が残るのみで荒涼たる平地が広がるのみとなっている。妙玖寺は一唯をはじめとする山内一族の墓所がある。