指扇陣屋・山之内陣屋
 
 
陣屋跡の現況
所在地 埼玉県さいたま市西区中釘
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
元和9年(1623) 山内一唯が3千石の采地を賜り陣屋を構える
元禄2年(1689) 山内豊房が土佐藩の養子となり陣屋は廃止となる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 山内一豊の甥一唯は大坂の陣で挙げた戦功により武蔵指扇で3千石を与えられ陣屋を構えました。中釘の秋葉神社の西側に陣屋あったそうですが、現在は荒涼たる平地が広がるのみで遺構は消滅しています。
2008/01/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線「指扇」下車
陣屋跡までは徒歩20分程度